和同開珎です。

大学入試6つの改革点


①2つの「新テスト」が実施されます

  『高等学校基礎学力テスト』と『大学入学希望者学力評価テスト』

②これまでの一般入試、推薦、AOといった区分が廃止され、またセンター試験も廃止され国公立大・私立大ともに個別選抜になります。

③『高等学校基礎学力テスト』は高校2年生で2回高校3年生で2回の合計4回の受験が可能になります。

④『大学入学希望者学力評価テスト』は高校3年生で2回の受験が可能です。(1回になる模様です)

⑤『大学入学希望者学力評価テスト』は教科の枠組みが変わります。

⑥新テストに合わせて、3年後には高校のカリキュラムや指導内容が大きく変わります。

 

具体的にいうと、一番大きな変化は「合教科」です。これまでの入試の5教科7科目ではなくなります。「数理探求」や「解釈探求」といった教科書が出来ることになります。それによって数学や英語はこれまでより一層学習のツールとしての位置づけが明確になってくると思われます。現在でも英語では英検やTOEIC・TOEFLで英語のテストの代わりに判定している大学がありますが、間違いなくどんどん増えていくことになります。

新テストの1年目2年目では、敏感に反応してくれる感度の良い私立高校とそうでない高校といった新しい序列が生まれそうですね。

新しい情報が入り次第、このページは更新していきます。